Pulsic Limited announce Distributer Agreement with EDA Solutions Limited for Europe and Israel

Pulsic Limited announce Distributer Agreement with EDA Solutions Limited for Europe and Israel  Bristol, UK and Fareham, UK, and 11th January 2022 – Pulsic Limited announce an agreement with EDA Solutions Limited to become our distributor in Europe, the UK, and Israel for the Pulsic Animate product family. EDA Solutions will assume sales & support responsibility…

Pulsic Delivers Real-Time, Accurate, Layout Previews to Analog Circuits Designers with the new Animate Preview

Pulsic Delivers Real-Time, Accurate, Layout Previews to Analog Circuits Designers with the new Animate Preview Animate Preview is being offered as a freemium tool to all analog/mixed signal designers  SAN JOSE, CA – February 3, 2021 — Pulsic, the premier provider of custom physical design tools for precision automation of analog/mixed-signal designs, today announced Animate…

Silicon Labs Partners with Pulsic, Selecting Animate as Its Automated Layout Solution for Analog IC Designs

Silicon Labs Partners with Pulsic, Selecting Animate as Its Automated Layout Solution for Analog IC Designs Animate accelerates design layout time from one week to one day SAN JOSE, CA – May 15, 2019 — Pulsic, the premier provider of custom physical design tools for precision design automation of analog/mixed-signal designs, today announced that Silicon…

Overcoming the Traditional Bottlenecks in Transistor-level and Cell-level Custom Design Flows

Overcoming the Traditional Bottlenecks in Transistor-level and Cell-level Custom Design Flows Pulsic Animate offers unique automated analog layout for area estimation, layout simulation and layout SAN JOSE, CA – May 24, 2016 – Typically, there are three phases in custom design flows where time to final layout has been a bottleneck: area estimation, layout /…

Pulsic’s Animate Adopted by Ricoh

Pulsic’s Animate Adopted by Ricoh Electronic Devices for Power Management IC Layout Evaluation on real design yielded 40% reduction in cell block implementation time SAN JOSE, CA – April 23, 2015 —In 2013, Ricoh Electronic Devices Co., Ltd. organized their layout project teams to reduce integrated circuit (IC) layout design time, targeting a 50% reduction…

リコー電子デバイスが電源ICレイアウト設計にPulsic社Animateを採用

リコー電子デバイスが電源ICレイアウト設計にPulsic社Animateを採用 実データを用いたセル作成レイアウト設計評価において40%の工数削減を実現 サンノゼ、カリフォルニア発:英 Pulsic Limited(本社:英国ブリストル、CEO:Mark Williams、以下Pulsic社)とリコー電子デバイス株式会社(本社:大阪府、社長:田路 悟、以下リコー電子デバイス)はリコー電子デバイスがPulsic社の自動レイアウト生成ツールAnimateを電源IC設計に適用したことを発表いたします。 リコー電子デバイスでは、2013年よりレイアウト業務の組織を専任化し、2015年までにCADによる工数半減を実現する技術の確立を目指し取り組んできました。2014年6月にPulsic社が発表したトランジスタレベルのレイアウト生成ツールAnimate™の開発に早くから参加し、この度、採用に至りました。 リコー電子デバイスの電源ICレイアウトでは、レイアウト工程(TOPフロアプラン・セルの作成・TOP配線)の中で 「セルの作成」の工数が50%~80%を占めており、Animateを使用し、この工程の効率改善を優先的に進めてきました。「セルの作成」の効率化では、アナログ素子のグルーピングや配置、配線の自動化を追求してきましたが、Animateは配置と配線を同時に行うため、素子の配置が配線を考慮して行われます。また、特に配置のための基本的なノウハウが優れており、少しの制約を設定するだけで設計者が所望するレイアウトを生成することができました。アナログレイアウトでは特性を考慮しながら、いかに効率よく設計を進めていくかがTAT短縮およびコスト削減に効いてきます。Animateは設計者の緻密な要求を満たす唯一の自動レイアウトツールです。 アナログ・カスタムレイアウトにおいて、従来の自動ツールでは制約の設定などに多くの時間を費やしても実用的なレイアウト結果を得ることが難しく、この分野において自動ツールの導入は敬遠されがちでした。Pulsic社はトランジスタレベルのレイアウト向けに特許出願中であるPolyMorphic Layout Technologyという全く新しいアプローチを開発しました。この新しい技術を有したAnimateはシンプルかつ簡単に使用でき、複数のレイアウト結果を配置と配線を同時に処理するアルゴリズムで生成します。Animateは回路図を解析することで制約を自動的に抽出するため制約設定に多くの時間を費やす必要がありません。また、必要に応じて簡単に制約を編集することができ、素早く指定に従った新しいレイアウト結果を得ることができます。 「リコー電子デバイスでは高付加価値電源ICを中心としたアナログ半導体製品を展開しており、レイアウトにおいても特に特性面と省面積性を重視したフルカスタム設計を行っております。ただしその反面、レイアウト設計には多大な工数がかかることが従来の課題でした。このためAnimateを詳細に評価し、電源ICの緻密なレイアウト品質を守った上で、セル作成で40%の工数が削減できることが分かりました。Animateは我々の設計者が細かいポイントで評価吟味し、採用クライテリアをクリアした唯一の自動ツールとなります。設計者の手間の少なさや運用面を考えても実用的であり今回の採用に至りました。今後、Pulsic様と共に更なる改良を進めることにより50%の工数削減が可能になると考えます。アナログEDAの発展という点から見ても優れた技術だと感じており、Pulsic 様には今後ともよりスマートな機能を目指し、改良を続けていただくことを期待しています。」と、リコー電子デバイス設計技術部シニアスペシャリストの室田俊也氏は語っています。 Pulsic社 co-founder and VP Japan 佐藤文明のコメント「優れたお客様と共に製品開発ができることは常に我々の喜びです。Animateは複数のレイアウト候補を提供し、そこから設計の要求に合わせてレイアウトを絞り込んで最適な結果を得ることができる今までにない全く新しいアナログレイアウト設計ソリューションです。今後もリコー電子デバイス様と共に製品開発を進め、常により大きな課題にチャレンジし成果を出し続けていくことを楽しみにしております。」 Pulsic社について Pulsic社は最先端ノードでの極端な設計上の課題・要求を満たしたレイアウト設計・プランニング設計ソリューションを提供するEDAベンダーです。多くの大手半導体企業がPulsic社の高度なソリューションを使用し、レイアウトの自動化を通じて設計生産性の大幅な向上を実現しております。また、Pulsic社のテクノロジーは既存の設計フロー上でマニュアル設計もしくは他のEDAソフトウェア·ソリューションよりも高速かつ効率的に高品質な結果を提供します。 Pulsic社は世界のIDMやファブレスのメモリー、FPGA、カスタム·デジタル、LCD、イメージングおよびAMSの市場で¬数多くの成功実績、テープアウト実績を提供してきました。詳細に関してはhttp://www.pulsic.comをご覧ください。本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。 パルシックジャパンリミテッド 技術部 岩崎 功〒104-0041 東京都中央区新富2-14-6 ONZE1852ビル 7階Tel:03-3553-3061E-Mail: info.jp@pulsic.com以上

Pulsic Introduces First Complete Automated Layout System

Pulsic Introduces First Complete Automated Layout System for Transistor-Level Analog and Custom-Digital Design: Animate Patent-pending technology creates multiple electrically-correct layouts directly from schematics, allowing designers to quickly explore multiple results concurrently. SAN JOSE, CA – May 21, 2014 — Existing approaches to automating analog and custom digital integrated circuit (IC) designs have attempted to improve…

STARC Certifies Pulsic’s Unity Analog Router as Auto-routing Tool in STARC Analog/Mixed-signal IP Reuse Reference Flow

STARC Certifies Pulsic’s Unity Analog Router as Auto-routing Tool in STARC Analog/Mixed-signal IP Reuse Reference Flow Unity Analog Router has met STARC criteria for constraint-driven auto-routing SAN JOSE, CA – March 26th, 2013 — In March 2011, Pulsic announced that the company’s Unity™ Analog Router had been selected by STARC, the Japanese electronic design consortium co-founded…

STARCがミックスシグナル設計フローSTARCAD-AMS IPリユース設計に

STARCがミックスシグナル設計フローSTARCAD-AMS IPリユース設計に Pulsic社のUnity Analog Routerを認証 英Pulsic Limited.(本社:英国ブリストル、CEO:Mark Williams、以下Pulsic社)と、半導体理工学研究センター(本社:神奈川県横浜市、社長:中屋 雅夫、以下「STARC」)はSTARCが提唱する次世代Mixed Signal設計フローSTARCAD-AMS IPリユース設計において、Pulsic社のカスタムアナログLSI向け自動配線ツールUnity Analog Routerが認証されたことを発表いたします。 Unity Analog Routerは対話型自動配線ツールとして全く新しいコンセプトで作られたアナログIC専用ルータです。今回、Unity Analog Routerを採用する事により、STARCが目指している次世代Mixed Signal設計フローにおけるアナログIPリユース設計手法を確立し従来の設計期間半減という目標をクリアしました。一般にアナログ系ICはセンシティブな部分が多く、また、設計の大半は実績がある過去の資産を再利用するため、リユース設計期間の短縮はとても重要な課題です。今回、評価モチーフ(Switched Capacitor Filter)において、プロジェクト開始時と比較して設計期間を59.6%削減する事を確認しました。Unity Analog RouterはPulsic社シェイプベーステクノロジを基にカスタム処理に柔軟に対応できるインターフェース及びフローベースの明瞭なGUIにより操作時間や操作性において大変高度な評価基準を満足することができました。また、シンメトリ、シールド、エレクトロマイグレーションといった配線制約に対しても高精度なレイアウトであることはもちろん、これらも既存レイアウトからの情報の再利用手法を達成しました。Unity Analog RouteはCadence社の設計プラットフォームIC6.1.5(OA)にプラグインして使用することができます。 STARCは、2年間のプロジェクトとして2011年度からAnalog IP Reuse Design Flow の構築を行っています。目標は、設計TATをプロジェクト開始時と比較して半減する事にあり、自動配線ツールは主要な機能の1つになります。 今回の評価で、Pulsic社のUnity Analog Router は、制約ドリブン自動配線ツールとして、STARCのクライテリアを満足しました。配線制約をリユース資産とする事で、質の高いレイアウトを実現出来、且つレイアウト検証での戻りがほぼ無い為、設計TATを大幅に短縮する事が出来ました。」 と、STARC研究開発第2部ミックスシグナル設計技術開発室長の坪井邦彦氏は語っています。 Unity Analog Routerは従来の自動配線ツールのような数学的な手法ではなく、レイアウト設計者がマニュアルで行う手順を内部的に忠実に再現する手法をベースとしているため高品質な配線を実現する事ができます。また、デバイスの配置位置、配置状況から配線が遵守すべき制約や形状を自動的に抽出し配線処理を行うため、細かな配線制約をユーザーがあらかじめ設定する必要がありません。リユースの際に生じる、同じような回路は同じように配線したいという要求を満たす事が可能です。 アナログレイアウトの世界では単にルールや制約を満たす結果を自動配線ツールが生成しても受け入れられません。Unity Analog Routerは熟練したレイアウト設計者が行う手順や思考を忠実に再現します。今後も革新的なアイデアで困難と言われてきたアナログレイアウトの自動化を進めてまいります。」 と、Pulsic社 co-founder/Vice President of Business Developmentの佐藤文明氏は語っています。 Unity Analog Routeについて Pulsic社シェイプベーステクノロジ自動配線ツールUniRouteのテクノロジをベースに設計現場で培われたノウハウを加え、今まで困難とされていたアナログ配線設計の自動化をユニークな手法で実現した製品です。従来の自動配線手法とは異なり、アナログ制約情報、素子の配置位置、接続情報を基に、アナログレイアウト設計者が人手で配線設計を行う際の思考や配線パターンを自動的に抽出し、その手順を出来るだけ忠実に再現することより、高品質かつ人手設計に近い配線形状を実現します。 半導体理工学研究センター(STARC)について 株式会社半導体理工学研究センター(STARC)は、半導体設計技術力の強化を目的とし、日本の主要半導体メーカーの出資で、1995年12月に設立されました。STARCは、国内大学の半導体関連研究基盤を拡大するための日本の大学と産学連携を行っており、専門的なチップ設計者育成の為のシステムオンチップ(Soc)設計セミナーなどを開催しております。また半導体の微細化に伴う設計の困難さを解決する「設計基盤技術開発」をクライアント企業と共同で実施してきました。これらの活動成果は、クライアント企業へ移転しその事業に寄与している他、技術標準として公開、あるいはパートナー企業へライセンス供与して製品化し、半導体業界で広く役立てていただいています。 詳細に関してはhttp://www.starc.jpをご覧ください。 本件お問い合わせはhttps://www.starc.jp/other/contactus-j.htmlにお願いいたします。 Pulsic社について Pulsic社は2000年1月に設立され、本社は英国ブリストルにあります。シェイプベーステクノロジのエキスパート集団です。カスタムICレイアウト自動化を推進し急成長しています。製品には階層フロアプランナ、配置ツール、配線ツール、配置配線エディタなどがあり、現在数多くの大手メモリメーカー、そしてカスタムICレイアウト自動化分野で使用されております。現在までに世界で40以上の顧客で1000以上のテープアウト実績があります。…

Pulsic Closes 2012 with Sustained Growth

Pulsic Closes 2012 with Sustained Growth in Revenue Strength of hierarchical design flow and methodology drives new contractsas well as renewals and expansions SAN JOSE, CA – March 7, 2013 — Pulsic, the premier provider of physical design tools for precision design automation, closed another year of double-digit revenue growth in 2012. The company completed renewal…

Pulsic to Introduce Place and Route Implementation Solution for Analog and Custom Digital Design at DAC 2012

Pulsic to Introduce Place and Route Implementation Solution for Analog and Custom Digital Design at DAC 2012 Unity™ Analog Router, Unity™ Custom Digital Router, andUnity™ Custom Digital Placer products deliver hand-crafted quality and highest precision San Jose, Calif., May 22, 2012 — Following up on the Pulsic Planning Solution™ products introduced last year at DAC,…

Pulsic to Introduce Integrated, Full-chip Planning and Top-level Routing Solution for Custom IC Design at DAC 2011

Pulsic to Introduce Integrated, Full-chip Planning and Top-level Routing Solution for Custom IC Design at DAC 2011 Pulsic Planning Solution components enable automated top down and bottom up hierarchical floor planning for custom and multicore design san jose, calif., June 1, 2011 —Pulsic, the premier provider of physical design tools for custom design automation, will…